ハオルチアや多肉植物、ハムスター、マウス、ハリネズミ達との徒然です♪
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通院記録(千晴
2010/07/15/ (木) | edit |


本日午前、千晴を病院へ連れて行ってきました。
発見時の腫瘍のようなものは姿を消していて・・・。
その代り、肛門でも尿口でもない穴が・・・!

先生のお話では、場所的に膣があるところに近いので、もしかしたら最初から膣もしくは子宮らしきものができているのかもと。
千晴は男の子なのですが、不全ながらもそういうものを持っているのかもしれません。
そしてなんらかの理由で、内側が化膿し、そこが破裂した可能性があるということでした。
ひとまず、内側から乾かして治すために一日2~3回、保定して薬を塗ることに。

お話の中では、傷が破裂したことによる穴ではないかと話していましたが、帰ってきてひと段落し、改めて思い出してみると、穴の内側から何かが盛り上がっていたように見えたので、穴は最初からあったのか・・・。
もしくは皮膚が薄くつながっていたものが、内側が化膿してはれたことによって裂けたのか。
いずれにしろ、真っ先に肛門を疑った自分がいたので、破裂したことによって出来た穴ではないような気もします。
このことは次回の通院時にもう一度お話しよう。
動転していてそれどころではなかったけど、今度から発見したらすぐに写真を撮るように心がけようと思います。




さて。
問題は保定だ・・・・orz
超絶ビビりなので、保定しようとするとすぐに歯をむいて怒る&体をひねって逃げようとするので苦労しそうです(・_・;)
でも、ひとまず今すぐにどうこうというわけではなさそうなのでちょっと安心。
その不思議な穴も、内臓につながっているのかつながっていないのかはわからないので、ひとまず4~5日様子をみて、通院ということになりました。


はぁー・・・・。
現在うちにいるハムずは全員不調という、今までにない事に。
でも生き物と暮らしている以上、想定の範囲内ですが、やはり堪えるものがあります。

飼育法をもう一度見直してみよう。
怪我ではないので、ゲージ等に問題はないかもしれないけど、それでも万が一を考えて。





スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。