ハオルチアや多肉植物、ハムスター、マウス、ハリネズミ達との徒然です♪
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辛かったら早めに病院へ
2009/10/30/ (金) | edit |
こんばんは、お久しぶりです!!!涙
皆さんに大変ご心配をおかけしました(>_<)

前回の記事を書いた後に何があったのか・・・。
切々と語ろうと思います(笑)


結果的には

「A型(たぶん新型)インフルエンザ」

でしたorz

以下、愚痴も入るのでたたみます~。

本当にご心配、ありがとうございましたっ(/_;)



遡ること一週間前。
私はちょっとしたけだるさを感じていました。
同時に、同居人も体調不良でしかも熱があって仕事を早上がりしてきた。
二人して熱を測ってみると、私は微熱。
同居人は微熱よりも高め。
そして翌日、同居人は病院へ。
そこでA型インフルエンザに感染していると判明。
その話をきいて、私もまさか!?ってことで受診することに。
その時いつもの病院は午後休診だったので、同居人と同じ病院に。
私は軽く隔離され、待つこと1時間。
軽く問診をしたものの、インフルエンザの検査はしませんでした。
私の症状が微熱だけだったため、感染している可能性は低い。
なので風邪薬を出しておくから、熱が出たら病院に行ってねって事でした。

その翌日、たんが出始めるし解熱剤を飲んでいるのに微熱は下がらない・・・。
おかしいと思いつつ・・・。

そしてさらに翌日。
やっぱり症状がよくならない!
しかも体調が悪くなってる気さえする。

「大丈夫だよ、熱出てないんだしインフルじゃないって。」
「解熱剤飲んでるし、高熱が出てないだけかもしれないじゃん。」
「・・なんでそんなインフルになりたがる見たいなこと言うの?」
「・・・え?私は可能性の話をしているだけでしょ!?」
「・・・。」

と、喧嘩に。
同居人も熱が下がったばかりでイライラしてたし、私も体調不良でイライラ。
親にはインフルじゃないかと言われたんだけど、同居人の言うように風邪かも・・・?
とも思っていて。
だるそうにしているのに、病院に連れて行ってもらうのも悪いので、薬を飲んでもう少し様子を見ようと思いました。

そしてさらに翌日。
若干体調が回復し、前回の記事を書いたわけです。

その数時間後・・・。
寝ていたら、鼻水がとまらなくなった!
朝までうとうとしたり鼻をかんだりの繰り返し。
午前8時。
限界を感じて、別の部屋で寝ていた同居人に電話で助けを求めました。

乗り気じゃないっていったら変だけど。
めんどくさそうな同居人とともにかかりつけの病院へ。
その時点で冷や汗が止まらず、体が震える。
病院で熱を計ると36.6度。
一応インフル検査出来ますけど、受けますか?ということだったので受けることに。
と、私を担当した看護婦さんが
「熱もないようだし、検査しちゃうと二人の先生に診てもらうことになって時間がかかりますけど、それでも受けますか?」
と聞いてくれました。
私は迷わずお願いします、と検査を希望。
正直、はっきりしたかった。

そして結果がでる10分後、すぐに診察室の隣にある簡単な検査室に呼ばれ。
さらにその部屋の隅にあるベッドにカーテンをされて、隔離された。
頭が回っていない私。
あ、つらそうなのを見かねて休ませてくれたんだー。
とか思ってた。
そしてまず一人目の先生に呼ばれた。

「関節の痛みや、下痢はありますか?」
「ないです。ただ、風邪薬を飲んでるのに悪化してる気がして・・・。」
「市販薬ですか?」
「病院でもらったこの薬です。」

前の病院でもらった風邪薬を持参していたので、それをお見せして。
一緒に暮らしている同居人がインフルエンザだったこと等を確認。
そして・・・。

「A型に印がついているので、感染してます。インフルエンザですね。」
「あはははw」

思わず笑ってしまった。
あぁ、やっぱりっていう安心感と。
同居人に証明できた安堵感。

「新型かっていう確定は出来ないんですが、A型に出ているしこの時期ですからほぼ新型でしょう。ぜんそくがあるようなので、院長先生と相談なさってください。」
「わかりました。」

また先ほどの隔離されたベッドで待つこと15分くらいかな。
院長先生は私の顔を見るなり一言。

「ぜんそく、出てるんじゃない?」
「出てるって言うか、ずっと出そうな感じがあって息苦しくて。」
「そうだろうね、このインフルはぜんそくを出すっていうのが前提だから。これからしばらく飲み薬は絶対飲んで。タミフルとリレンザがあるけど、リレンザにしようか。」
「あの、ぜんそくの薬は寝る前で??」
「いや、朝晩飲んで。」
「は、はい・・・。」
「それと風邪薬も飲んでいいから。抗インフル薬には症状を緩和する成分ないからね。」
「わかりました・・・。」
「いい?ぜんそくを出させない、出ても悪化させないように。」
「はい。」

そして会計まで隔離され、薬をもらい・・・。

同居人にインフルだと伝えると、ちょっとむすっとしてたけど。
家に着くころにはお互いすっきりして笑ってました(笑)

そこからがまた大変だったんだ・・・。
リレンザを使って30分後に私は8.6度以上の熱が出て。
そこから12時間熱が下がらず・・・。
この時の事はよく覚えてない。

そして翌朝・・・。
熱は下がったけど、吐き気とたんと、鼻水、だるさ。
リレンザを飲み始めて三日。
ようやく記事をかけるまでに回復しました。

寝込んでいる間、同居人に甘えて絵本を読んでもらって(笑)
その時の声が優しくて泣いてしまった。
ずーっとお互いピリピリしてたもん。
辛かったもん。

熱が上がりきらなくても、変だなと思ったら早めに検査をお勧めします!
私は微熱期間を含め、まるまる1週間苦しみましたよ・・・w

そして予防接種が始まったら、受けることをお勧めします。
私は来年から季節性インフルも予防接種を受けると決めました。

同居人も私も今までインフルの経験なし!
だからって甘く見てると、苦しみますorz
今回のインフルはほんとにやばいよ!!!!!
皆さんも、お気をつけてっ(>_<)



スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。