ハオルチアや多肉植物、ハムスター、マウス、ハリネズミ達との徒然です♪
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミルワーム管理法
2009/02/17/ (火) | edit |
あ、大丈夫ですよー。
ミルワーム本体は写っていません(笑)

さて、針飼い&ハム飼いさんの中ではミルワームを与えている人も多いと思います。
そこでミルワームの管理はどうしているのか?
と、気になったのでw
取り合えず我が家の管理方法を載せようかと。
こうした方がいいよーとか、間違ってるよーとかありましたら是非教えて下さいヽ(^。^)ノ



①プラケ小を用意
まずプラケ小を用意して、綺麗に洗い良く乾かしておきます。


②餌&温床を作る
小麦粉とパン粉を投入ー。
パン粉は後の管理が楽なので細目を使っていますw


③栄養素を足す
栄養面を考えて、ペットミルク(小動物用)&鳥の餌(すり餌)を投入ー。


③-2
横から見るとこんな感じw
量は適当ですが。
小麦粉よりパン粉を多めにしてあります。
適度に空気が入るように。


④混ぜる
いったん此処でよーく混ぜます。
出来るだけむらがないように。
ミル達が均一に食べられるように配慮ww


⑤さらに栄養素を足す
粉末状にしたペレットと煮干し(無添加で塩を使っていないもの)を細かく砕いて投入ー。
そしてまたよーく混ぜます。

これで完了w
後はミルワーム達を引っ越すだけw

プラケは2つ用意しておくと楽ですねー。
あと茶こしw
引っ越しの時に茶こしでふるってやると楽
このときパン粉が細めだとふるいやすいのですw
まぁ私は割りばしで一匹ずつ移すというあほですがヽ(^。^)ノ
最終確認の時にはさすがにふるってますw

引っ越しはだいたい4~5日に一回。
ダニが湧くと嫌なので(-_-;)
同じ理由から生野菜等の水分がある餌は入れていません。

なぜこんな面倒なことをするのかというと。
ミルワームは購入時、素晴らしく栄養が偏っています。
なので購入したままのものを与えると動物たちにも良くない。
そこでいったん栄養を整える必要があるのです。
だいたい購入してから最低でも4日以上は与えない方がいいと思います。

購入する時のワンポイント。
ミルワームは冷蔵保存されているものを購入しようー!
常温保存されているものはかなり成長していたり、死体が多いので不衛生。
好ましくないのです。
冷蔵されていると仮死状態になっているので、栄養を整えやすいんです。

普段の管理としては先ほど書いた床材を作ってしまえば基本放置w
冷暗所で管理するといいですよw
湿度や温度が高いと虫が湧きやすいし、成長もはやく成虫になりやすいのです。
あとはミルワームを与えた時についでに床材を混ぜて空気をいれてあげると傷みにくいです。



っと、ここまで熱く語ってきましたがw
どこか間違っていたり、うちはこうやっているよー等ありましたら是非教えて下さいねーヽ(^。^)ノ


スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。